作業療法室

作業療法室のご案内

作業療法は、薬物療法・精神療法とともに行われるものです。
作業療法では、さまざまな作業や活動を通して、健康で主体的なその人らしい社会生活を送れるようになることをめざしています。
ここで言う「作業」とは、日常生活の諸動作、遊び、仕事、人間の生活全般に関わる諸活動を指し、以下のようなことを目的として行っています。

作業療法

目的

心身の健康の回復
  • 活動することで体力や集中力が向上する
  • 出来たことを評価されて自信がつく
  • 作業に集中することで、ストレスとなる事から注意を逸らすことができる
生活の質を高める
  • 継続して参加することで生活のリズムがつく
  • 楽しむ経験ができる
  • 活動を通して新しい趣味をみつけられる
退院・社会生活
に向けて
  • 人の話をきちんと聞く、人に話をうまく伝える方法を身につけられる
  • 物事をうまくやり遂げられるようになる
  • 買い物や調理など、必要な能力を身につけられる

プログラム

創作活動 

手工芸・塗り絵・脳トレ・パソコン・油絵などお好みの作業を選んで、自由に取り組む活動です。

創作活動

音楽療法

音楽療法士が奏でるピアノの生演奏に合わせて、好きな曲をリクエストし聴いたり歌ったりと、音楽に触れる活動です。

料理

メニューや必要な食材についてのミーティングから行います。
少人数グループで楽しく料理を行う活動や、退院後の生活に向けての個別での活動を行っています。

料理

革細工

キーホルダー、コースター、しおりなどの簡単なものから、ペンケース、小銭入れ、カードケースなど複雑なものまで、希望に沿って作品を作っています。

革細工

SST 

コミュニケーションの練習を初級、中級、上級と3段階のグループに分けて行います。

音楽鑑賞

CD、MDからお好みの曲をリクエストして音楽を楽しむ活動です。

レクリエーション

卓球やボーリングなどのスポーツや、簡単なおやつを作ったり、ゲームを楽しむ活動を作業療法室や各病棟で行っています。

レクリエーション

その他

上記プログラムは川口病院で行っている作業療法プログラムの一例です。
上記プログラムの他にも、個人の要望を伺いながら希望に沿った活動も随時対応しています。

利用するには

精神科作業療法に参加するには、主治医の『処方箋』が必要です。
参加を希望される方は、主治医・看護師・作業療法士にご相談ください。
費用は各種保険の対象となります。また、材料費・道具代などの負担は原則的に必要ありません。