栄養課

食べることの楽しみを大切にするために、栄養課ではおいしいお食事を提供することを心掛けています。
また、糖尿病・脂質異常症・高血圧症・心臓病・肝臓病・鉄欠乏性貧血・胃潰瘍・肥満など食事により栄養素量の変更が必要な方に対しては治療食を提供しています。また、かむこと、飲み込むことが困難な方に向けてもきざみ食やトロミ食・ミキサー食などの展開食を提供しています。一度にたくさん召し上がれない方などは個別対応の半盛り食・ゼリー食などご用意しています。

栄養課

食事について

朝食:8時00分、昼食:12時00分、夕食:18時00分に提供しています。
季節に応じて3カ月に1サイクルで1年間の献立を工夫しています。退院後に役に立つような家庭的でバランスの整った温かみのある食事が特徴的です。栄養士・調理師が日々努力しています。
人気の献立は第1位ラーメン第2位からあげ第3位カレーライス第4位とんかつ第5位中華風炊き込みご飯などです。1週間の献立表には、その時期に使用している食材の効能等が記載されており、皆さん楽しみにしていただいています。また、デイ・ケア、デイ・ナイト・ケアをご利用の患者様にも入院中と同じくバランスの良い食事が提供されています。

食事について

栄養管理

入院中は医師・看護師・コメディカルと管理栄養士がチームを組んで、患者様の個別の栄養管理をしています。身長体重などの体型、血液データ、既往症や個人の嗜好、喫食量などから、栄養状態を判断し良好に保つようにしています。必要な方には入院中に病棟訪問し栄養相談または医師の指示のもとに栄養指導をしています。患者様の健康状態を保ち心身の機能の向上のためになるべく口から食事が取れるように工夫しています。

集団栄養教室

デイ・ケアと一緒に年間2回集団栄養教室をしています。季節のものを味わったり、健康を考えてみるなど食の楽しみを見つけながら活動します。最終的には食費のやりくりや食習慣が以前より上手になれるようお手伝いが出来たらいいなと考えています。外来には役立つ情報やレシピなど関連のリーフレットを置いています。