お知らせ・活動内容

慢性期男性病棟から

こんにちは、男子慢性期閉鎖病棟です。

自粛生活が続く中、限られた空間の中で少しでも身体を動かせることはできないかを考え、投球練習をかねて、紙コップの塔を崩すレクリエーションを行いました。1m離れたところから、紙コップを1人2球ずつ投げて倒した数を競いました。
参加された患者さまは、「俺の投げ方は○○に似てるだろ?」と投球フォームを得意げに話される患者様や「なかなか難しいな…」と結果に残念がる様子を見せる患者様。投球技術に関係なく皆さん楽しまれて、参加されなかった患者様も拍手やかけ声をかけたりと沢山の笑顔が見せて頂くことが出来ました。