お知らせ・活動内容

精神病院での身体拘束 

こんにちは。行動制限最小化委員会です。

昨今、精神科病院での「身体拘束」が増加しているとの報告が聞かれています。2018年11月26日付 西日本新聞によれば2016年度の調査によると拘束された患者数が1万933人で、10年前の1.8倍に増えているとの報告がありました。
行動制限は長期化することで様々なリスクも考えられ、人権侵害への懸念も考えられます。
そのため、当院では行動制限最小化委員会が中心となり行動制限の最小化に努めています。
行動制限の患者様に対しては、行動制限を見直す規定が当院にはあります。
身体拘束は72時間以内、隔離は1週間以内で精神保健指定医が見直しをかけ、長期化を防いでいます。
患者様の行動を抑制、制限するものを最小限にするように今後もより良い看護を提供していきます。
引用文献 2018年11月26日付 西日本新聞