お知らせ・活動内容

転倒転落予防とヘッドガード

 

こんにちは。男子急性期閉鎖病棟です。
当病棟では、高齢者の患者様も多く入院されています。日頃のADLの維持拡大に取り組み個別看護を推進強化しています。そこで、注意が必要な問題として「転倒転落」があります。高齢者の方は、転倒しやすく転倒してしまうと重大な事故や怪我に繋がりかねません。病棟全体でもそのことに取り組んでおり、見守りや付き添いの強化を行って転倒防止に努めています。また、万が一転倒してしまった際に受傷しないように特に転倒転落の危険性がある患者様にはヘッドガードの装着を推奨しています。その他にも、患者様の安全に配慮して安心して治療に臨める環境を提供しています。今後も、患者様のより良い入院生活のために病棟全体で取り組んでいきます。