お知らせ・活動内容

男子急性期病棟 日々の看護

こんにちは。男子急性期閉鎖病棟です。

当院では、ペプロウ看護理論を基に患者様に関わらせて頂いております。週一回必ず、主治医、受け持ち中心にケースカンファレンスを開いて患者様の現在も問題点や、患者様の関わり方への意思統一を図っています。医師や看護師以外にも患者様に関わるすべての職種が積極的に参加しています。今回は、患者様自身も参加してケアアシスタントや栄養士と看護師で患者様の食事についての問題点を話し合いました。このように病棟では医師による薬物調整を中心として様々な職種が共働して、日々患者様の治療に関わっています。