お知らせ・活動内容

男子急性期病棟 「入院後のサポート」

こんにちは。男子急性期期閉鎖病棟です。

当病棟では、入院された患者様の回復のお手伝い看護師の他にもPSW(精神保健福祉士)や病棟クラーク、ケアアシスタントといった様々な職種が働いています。精神保健福祉士は患者様ご本人はもちろんのこと、そのご家族や他の医療機関や行政機関との連絡調整を行い、患者様の入院相談に深く関わっています。また、病棟クラークは看護に関わる様々な書類の整理と関係部署への処理を円滑に行えるようにしています。ケアアシスタントは患者様の生活一般の補助を行っています。また、管理栄養士が患者様の栄養状態を評価し、その情報を基に適切な栄養管理も行っています。薬剤師も定期的に患者様とお話しして、内服されているお薬の相談にのりながら患者様のお薬の疑問にもお答えしています。このように病棟では医師による薬物調整を中心として様々な職種が共働して、日々患者様の治療に関わっています。