お知らせ・活動内容

精神科看護 「自己解決への援助」 男子開放病棟

こんにちは。男子慢性期開放病棟です。

当病棟は毎月2回病棟レクリェーション(以降レク)を行っています。開放病棟という事もあり自立した患者様が多く、レクをとおしスムーズな社会復帰を目的に患者様が主体となり、スタッフがアドバイザー役でレクを進めています。まず、レクでなにをやるかは、毎週月曜日の病棟ミーティングで出席している患者様から希望をきき、そのなかからなにをやるかを決めます。決まったら必要な物の準備(買い物)、進め方などを患者様と一緒に考え、ポスターも患者様に作成していただき、内容にもよりますが、当日の進行もスタッフと患者様でおこないます。進行をを担当する患者様は、最初は緊張しているようすがみられますが、徐々に落ち着きスタッフの助けをうけながら真剣に進めています。来月は実際の様子をレポートしていきたいと思います。