お知らせ・活動内容

精神科看護 「感染予防」 女子急性期病棟

こんにちは。女子急性期閉鎖病棟です。

いよいよ今年もインフルエンザの季節がやってきました。しかも今シーズンは昨シーズンよりも流行期が早い印象を受けます。当病棟は閉鎖ではありますが、それ故に、新規入院患者様への予防接種状況の確認、そして、職員が持ち込まないよう、徹底して取り組む必要があります。そのため職員に対し、日々の体調管理の注意喚起をしております。

幸い昨シーズンは入院患者様の感染はありませんでした。今シーズンはすでに埼玉県でフェーズ3であり、職員家族では感染事例も出ています。

職員自身はもちろん、閉鎖病棟であっても、患者様への手洗いうがいの励行、清潔保持への援助、そして、わずかな体調変化でも見落とす事のないよう、看護者として「おや、ちょっとおかしいな。いつもとちがうな。」という観察の目を養っていきます。