お知らせ・活動内容

女子急性期病棟 8月病棟の様子「病院での女子力」

こんにちは。女子急性期閉鎖病棟です。

毎日の作業療法は、社会生活のための訓練としてはもちろん、患者様たちの気分転換になっていると、看護サイドでも感じています。特に日曜日に行われるフェイス・ケアは、患者様が積極的に参加されています。パックをしたり、マニキュアを塗ったり、入院生活の中ではどうしても制限がかけられてしまう「おしゃれ」を楽しむ事ができますから、皆さんキラキラした表情で鏡に向かっています。

整容は、男性ももちろんですが、特に女性は、社会生活を営む中で意識するものです。また、自分の身を整えることは、生きる活力にもつながっています。

女子力アップ!!

作業療法のフェイス・ケアでの皆さんの笑顔をみていると、看護サイドでも、アロマセラピー等、女心をくすぐりつつ、退院後の社会生活にも活かせるようなケアを企画したいなあ、と考えています。