お知らせ・活動内容

男子急性期病棟 7月「補水の大切さ」

こんにちは、男性急性期閉鎖病棟です。

気温の上昇から夏を感じる季節になりました。当病棟ではこの季節、不足しがちな水分を患者様に促すひとつの取り組みとしてよく冷やした麦茶を提供することになっています。病棟にある茶機からは冷たいお茶が提供出来ない為に始まったのですが、これが大盛況。患者様全員にいきわたるよう多めに作るのですが、すぐになくなってしまいます。自分で飲める方はコップを持って注ぎに来て、自分では注ぎに来られない方はスタッフがコップに入れて提供することで全員にゆきわたるよう毎日の補水をおこなっています。

病棟に入る日差しが眩しく、空にかかる雲も厚くなってきました。ご覧になっている皆様も水分は多めにとって、暑い夏を乗り切っていきましょう。