お知らせ・活動内容

女子急性期病棟 6月病棟の様子「日々の取り組み」

急性期病棟ということで、統合失調症をはじめ、最近では、認知症、高齢者のうつ病の、病状が不安定な患者様の受け入れも増加傾向にあります。

従来の看護体制だけでは、様々な援助を必要とする患者様のニーズに応えていくには不十分な部分も生じます。

新年度が始まり、3ヶ月弱、新入職スタッフも勤務に慣れてきました。また、今月から看護実習も始まります。新しい視点、異なる視点を得て、スタッフ一人一人が学びを深めていける土壌造りに取り組んでいます。