お知らせ・活動内容

パーキンソン薬について その2

薬局から
パーキンソン薬について その1の続き

モノアミン酸化酵素阻害薬:脳内のドパミンを分解する酵素を抑制し、ドパミン量の減少を抑える薬剤です。

Lドパ賦活薬:Lドパの作用を増強し、効果を延長させる薬剤です。Lドパやほかの薬剤を使用しても効果がなかった場合や日内変動の改善に使用されます。

アデノシンA2A受容体拮抗薬:ドパミンとアデノシンのバランスが崩れ優位になったアデノシンの作用を阻害する薬剤です。

ノルアドレナリン前駆物質:不足しているノルアドレナリンを補充する薬剤です。すくみ足や起立性低血圧に有効です。

ドパミン遊離促進薬:ドパミンの分泌を促進する薬剤です。Lドパの補助薬として使用され、ジスキネジアなどにも有効です。

抗コリン剤:ドパミンとアセチルコリンのバランスが崩れ、優位になったコリン系を抑制する薬剤です。振戦に有効です。

パーキンソン薬について その1は下記からアクセスできます。

https://kawaguchi-hp.jp/activity/pharmacy/2020/02/22/3312