お知らせ・活動内容

薬局 「オランザピン/クエチアピン/アリピプラゾール」

こんにちは、薬局です。

 

今回は、非定型抗精神病薬のオランザピン、クエチアピン、アリピプラゾールについて紹介します。

 

 

オランザピンとクエチアピンは、多元受容体作用抗精神病薬(MARTA)に、アリピプラゾールは、ドパミン受容体部分作動薬(DPA)に分類される薬剤です。

 

MARTAは、前回ご紹介したSDAの作用点であるドパミン、セロトニン以外にも、アドレナリン・ヒスタミン・アセチルコリンなど様々な受容体に作用する薬剤です。それにより認知機能改善効果・気分安定化作用・抗うつ作用などを持ち、統合失調症だけでなく双極性障害や治療抵抗性うつ病などにも使用されます。

 

DPAは、ドパミンD2受容体の遮断作用を示しますが、単に遮断するだけでなく脳内のドパミンが多い場合は遮断薬として作用し、反対にドパミンが少ない場合は作動薬として作用することで、脳内ドパミン濃度のバランスを調整することができます。

 

 

それぞれの特徴は、以下の通りです。

 

オランザピン:

強い鎮静効果をもっているため、興奮や感情症状が強い場合に効果的。体重増加を起こしやすい傾向があり、血糖値にも影響を与えるため、糖尿病の方は使用できません。

 

クエチアピン:

双極性うつ病にも強い効果をもつことから、陰性症状の目立つケースに適しています。またドパミンD2受容体に対する親和性が低いためにEPSの副作用リスクが少ないことも特徴です。オランザピン同様、糖尿病の方は使用できません。

 

アリピプラゾール:

DPAとして作用するため、他の薬剤に比べてEPS・高プロラクチン血症・過鎮静等を生じにくいとされています。投与初期に不眠、焦燥、アカシジア、胃腸障害などが起こることがあり注意が必要です。オランザピン・クエチアピンと異なり、糖尿病の方も使用できますが、血糖上昇作用がゼロではないため注意が必要です。

 

 

次回は、気分安定薬についてご紹介します。