お知らせ・活動内容

薬局 「定期抗精神薬(フェノチアジン系、ブチロフェノン系、スルピリド)」

こんにちは。薬局です。

今回は、定型抗精神病薬に分類される薬剤として、フェノチアジン系、ブチロフェノン系、スルピリドについて紹介します。

1950年代に初めて抗精神病薬として使われるようになったクロルプロマジン。これを基に研究され、レボメプロマジン、フルフェナジン、ペルフェナジンなどが作られました。これらをまとめてフェノチアジン系と呼びます。鎮静作用が強く、様々な精神疾患における不安、緊張、衝動性などに用いられますが、パーキンソン様症状の副作用が特徴的です。

ブチロフェノン系には、ハロペリドール、ブロムペリドールなどがあります。幻覚や妄想への効果に優れていますが、鎮静作用は弱めです。こちらもパーキンソン様症状が出やすい傾向があります。

スルピリド(ドグマチール)は様々な効能を持ち、低用量では胃・十二指腸潰瘍やうつ病にも用いられます。

次回は、非定型抗精神病薬についてご紹介します。