お知らせ・活動内容

栄養課から ~ナイアシンの効果~

こんにちは、栄養課です。

皆様はナイアシンといった栄養素をご存知でしょうか。

普段耳にする事の少ないナイアシンを本日は紹介します

 

ナイアシンはビタミンB3ともよばれる、ビタミンB群の仲間で、水に溶ける(水溶性)ビタミンです。熱にも強く、調理中の加熱で損なわれる事の少ない栄養素です。

(ニコチンアミドやニコチン酸とも創称されます。)

 

ナイアシンの効果

①エネルギー作り

②脂質や糖質の分解・代謝

③皮膚・粘膜の炎症を防止

④神経症状を予防

 

 

ナイアシンの不足

うつ、幻覚症状、イライラ、不安、精神障害、口内炎、皮膚炎、舌炎、胃腸障害、下痢、ペラグラなどの様々な症状や身体疾患の原因となります。

また、ナイアシンはアルコール依存や精神疾患、心疾患に予防効果があると報告されております。

 

ナイアシンを効率良く摂取するには

ナイアシンは肉類や魚介類、キノコ類に多く含まれているため、これらを調理する際は焼くかスープなどで調理すると効率良く摂取できます。

水に流れやすいため調理前に食材の水洗いに注意しましょう。