お知らせ・活動内容

安全な食事形態

栄養士の豆・知・識

テーマ:「安全な経口摂取・食事形態編」
 
 「こんにちは。栄養課です」

 川口病院では患者様達に美味はもちろん、安全に食事を楽しんで頂きたく、摂食嚥下状態や精神状態などを考慮した食事提供を行っています。
 今回は川口病院の食事形態について紹介させて頂きます。

①常菜
   ・治療上特に栄養素量の増減を必要としない一般患者様向きのバランスを考えた食事
  
②常菜きざみ
   ・常菜を2㎝角に切った食事
    対応 : 自歯の一部欠損などで咀嚼が困難や違和感のある患者様

③軟菜
   ・軟らかく、低繊維、低脂肪で消化に負担の掛からない食事
    対応 : 咀嚼困難や消化不良の患者様
 
  ④軟菜きざみ
    ・軟菜を1㎝角に切った食事。  
対応 : 自歯の欠損が多く咀嚼不良の患者様(自歯全欠損でも可)

  ⑤軟菜極刻み
    ・軟菜を0.5㎝角に切り、トロミをつけた食事で汁物もトロミ対応となる
     対応 : 咀嚼嚥下困難で軽いムセ込みや湿性などがある患者様
    
⑥ミキサー食
    ・ミキサーにかけた粒の少ない流動状の食事形態。
     対応 : 咀嚼嚥下困難で強いムセ込みなどがある患者様

⑦流動食
    ・消化管に食物を慣らすための食事
     対応 : 絶食後や極度の食思不振時に対応する食事形態

栄養課では常に看護師と患者様の情報共有を行い、これらの食事形態の変更を密に行っております。