お知らせ・活動内容

栄養課 「脂質異常症の食事療法➁」

栄養士の豆・知・識

 

 テーマ:「脂質異常症の食事療法

 

「こんにちは。栄養課です」

 

皆様は脂質異常症といった疾患はご存知でしょうか?

脂質異常症とは、血液中の脂肪分(コレステロールや中性脂肪)が多すぎる、あるいは少なすぎる状態をいいます。

脂質異常症に自覚症状はなく、放置する事で糖尿病や高血圧、高尿酸血症、脂肪肝、心疾患、脳梗塞などの様々な疾患を合併する事が多いです。

本日はコレステロール型脂質異常症について説明させて頂きます。

 

血清LDLコレステロール 140㎎/dl以上

・全身にコレステロールを運ぶ役割。

・高数値になると酸化して血管壁に付着して動脈硬化の原因になる。

 

血清HDLコレステロール 40㎎/dl以下

・血管壁に壁に付着したコレステロールを除去して動脈硬化を予防。

 

※LDLかHDLのどちらかの値で脂質異常症と判定

 

 

改善のポイント

①食物繊維を摂取

1日25g以上を目標

野菜やキノコ、海藻をしっかりと摂る事が大切

 

②タンパク質は魚や大豆製品で補給。

脂肪分の多い肉類は避けましょう

 

③コレステロールを多く含む食材は避ける

・卵        ・レバー     ・白子       ・うに     ・イカ、タコ

・車エビ     ・カツオ      ・生クリーム   ・バター   ・油脂の多い肉

 

 

無理なダイエットや欠食は身体に悪影響となります。

まずは少しずつこれらを取り入れて改善を目標としましょう。