お知らせ・活動内容

行動制限最小化委員会より

こんにちは。行動制限最小化委員会です。

当院では、行動制限最小化委員会を設立しており、行動制限(隔離、身体拘束など)の最小化を図る委員会となります。

構成員は、医師や看護師だけでなく、コメディカル(薬剤師、管理栄養士、作業療法士など)も参加しています。

主な取り組みとしては、月に1回程度、病院内の行動制限の実施件数を調査、集計し、レポートを基に適正及び行動制限最小化に向けた検討会議を実施しています。検討会議には、構成員が出席し、行動制限の状況や病状改善について、議論を行っております。

また、精神科医療に携わる職員全てを対象として、精神保健及び精神障がい者に関する法律、隔離・拘束を最小化および早期解除、二次障害予防のための看護などに関する勉強会を行っています。

患者様の安心、安全な療養生活のために、行動制限最小化への取り組みを継続、推進していきたいと思います。

行動制限最小化委員会 長谷川