お知らせ・活動内容

栄養課より 野菜について

 

テーマ:「野菜を好きになろう」

 

皆さんは普段の日常から野菜を意識して摂っているでしょうか?

便秘や肌荒れ、ニキビ、口内炎でお困りの皆さんは野菜の摂取量が足りているか見直すチャンスかもしれません。

新鮮な野菜をたっぷり取ることで高価なサプリメントも必要なくなります。

 

野菜の必要な量                            

1日に必要な野菜の量は350g~400gです。

緑黄色野菜は100~150g (トマト ピーマン ほうれん草 カボチャ ブロッコリー 人参など)

淡色野菜は200g (白菜 レタス キャベツ キュウリ 大根)

 

 

お勧め野菜

 

(ほうれん草)

 

(こんな症状がある時におすすめ!)

疲れやすい、頭がボーとして集中力がない、あくびがよく出る、これらは貧血のサインです。 ほうれんそうは、鉄分と葉酸が豊富なので、女性に多い貧血の予防や妊娠中にも意識して食べて欲しい野菜です。

 

(ブロッコリー)

(こんな症状がある時におすすめ!)

しみそばかすが気になる、肌がかさつくなど、お肌の調子が悪い時は、朝食にブロッコリーを食べましょう。たった5房で1日に必要なビタミンCがとれます。かぜ気味のときにもぜひ!

(人参)

(こんな症状がある時におすすめ!)

のどが痛む風邪をひいた時に。                                                                            豊富に含まれるβ-カロテンがビタミンAに変わり、鼻やのどの粘膜を保護してくれます。

また、体内の活性酸素を除去し、免疫機能を高めてくれます。

(トマト)

(こんな症状がある時におすすめ!)

うっかり日焼けをしてしまった時に。

リコピンを摂取すると、しみそばかすの原因   となるメラニン色素の生成を抑制してくれます。日焼け後は、トマトをたっぷり食べて白肌を取り戻しましょう。