お知らせ・活動内容

2月「看護部だより」より「よいこと」を心に描く

年度末の慌ただしい時期にきました。

忙しい時期、心が疲れている人はいませんか。精神障がい者の当事者向けの雑誌、「こころの元気+」1月号の大野裕先生の記事を紹介します。

『新しい年に「よいこと」を心に描く』今年はこんなことが起きるといいなと新しい夢を心の中に描くことにはそれ相応の意味があります。「自分で実現する予言」と呼ばれる、極端な考え方があります。

良くないことが起きるのではないかと身構えていると、実際に良くないことが起きやすくなります。それは良くないことばかりに目が向いて、よくないことばかりが起きているように思えてくる。

良くないことばかり起きているように思えると、心が委縮して、本来持っている力を発揮できなくなるのです。そうなったのでは、自分らしい生活を送ることができません。

ここから先、何が起きるかわかりません。良くないことばかりでなく、よいことだって起きるはずです。良いことを予言すれば、それが実現する可能性が高まるのです。

人生の主役が自分自身だという事を意識してはどうでしょうか。そうすればそれだけでよいことが起きる可能性も高くなります。

否定的な予測を信じ込み、悪循環に陥らないようにしていきたいですね