お知らせ・活動内容

グループホーム その1

こんにちは、グループホームです。
私が髙仁会川口病院グループホームで世話人として働き始めて1年と数か月が過ぎました。60名いらっしゃるメンバー様の顔と名前を覚えるところから始まり、現在では数名を担当として受け持ち、メンバー様と接する中で「この言葉かけは適切であっただろうか、もっと違うやり方があったのではないだろうか。」など考えながら、より良い支援ができるよう日々奮闘しております。日々様々な出来事、学びがあり、あっという間の1年であったと感じております。
世話人として働く中で最も大切なことは、メンバー様との信頼関係を築くことだと考えています。しかし、同時に最も難しいことだとも感じています。当然のことながら、他者とコミュニケーションをとることが得意な方、苦手な方がいらっしゃいます。そこで私は、まず自分の受け持ちのメンバー様と1日1回は必ず会話をすることにしました。これを続けていったところ、はじめは挨拶程度だったところから徐々に話が続くようになり、今では他愛のない会話が当たり前にできるようになったメンバー様もいらっしゃいます。