お知らせ・活動内容

看護部から

こんにちは、看護部だより担当です。今回は「コロナ禍」という言葉について調べてみました。

「コロナ禍」の「禍」は「か」と読み「災い」や「災難」「不幸な出来事」を意味することばです。「コロナ禍」がよく使われるのは、新型コロナウイルスの感染拡大で引き起こされる様々な災難や不幸、経済的、社会的影響など複雑な状況を短く一言でインパクトのある文字で伝えることが出来るからです。しかし、こうしたことばは「書きことば」としては効果的でも「話ことば」としてはあまりなじみません。今後、新型コロナウイルスによる影響が長引く中で、新語の「コロナ禍」が世の中でどのように使われていくのか見極める必要があると思います。

最後に「禍」に似た漢字による「コロナ鍋」「コロナ渦」という表記も時々目にする事があります。こうした間違いによって新たな「災い」を引き起こさないように注意しましょう。「禍」が意味する「災い」には「災いを転じて福とする」ということばがあります。まだまだ予断を許さない状況が続きますが新型コロナウイルスによってもたらされた「災い」についても働き方や暮らし方を上手く変えて幸せに転じるよう心掛け、時が経ったときに『よいこともあった』と思えるように日々を過ごしていきたいです。