お知らせ・活動内容

ペプロウ看護論③ ~4つの段階~

ペプロウ看護論の第3弾は、『4つの段階』についてです

精神疾患を持つ患者様がたどる経緯をペプロウは4つの段階として理論化しています。
1段階は「方向付けの段階」
2段階は「同一化の段階」
3段階は「開拓利用の段階」
4段階は「問題解決の段階」    この4段階で分かれています。
各段階で特徴があり、段階ごとに患者様へどのように看護を提供するかが
述べられています。

次回からこの段階について簡単に説明していきたいと思います。

前の記事
ペプロウ看護論② ~不安~
次の記事
ペプロウ看護論④ ~方向付けの段階~

関連記事
シリーズ「ペプロウ看護理論について」
シリーズ「日々のペプロウ看護」