お知らせ・活動内容

インフルエンザ対応方法

こんにちは、アフター5です。今回は感染対策委員会からの講義でした。この時期は世間的にもインフルエンザが流行しており、こと院内で発生すると大きな脅威となります。そのため、予防策・対応策というものが非常に重要なものとなります。
発表者の方が精神科の勤務が長いスタッフだったため、様々な経験談を交えてお話ししてくれました。そのため、インフルエンザやその他の感染症に対し、より現実的に感じられ、かつ、恐ろしいものだという実感が得られました。
感染症を絶対に発生させないという意識での予防策の取り組みを行うこと、万が一発生してしまった際の迅速で適切な対応策を取り、周囲に広めないこと。これらのことを病院スタッフ一人一人が心掛けていき、患者様の安全・安楽を確保していきます。