お知らせ・活動内容

インシデント・アクシデント

医療安全委員会より
医療安全とは
1999年の相次ぐ医療事故以降、医療法などで医療機関の医療安全管理体制を整備し、また安全対策を講じられた医薬品や医療機関などを普及するなど国をあげて対策が取られてきました。医療安全を推進する上で特に看護者の役割は24時間365日対象と接し、提供される医療ほぼすべてに関与し大きな役割を担っています。(日本看護協会HPより)
当院では病院全体で安全な医療が対象に提供されるよう対策を行っており、各部署からのインシデント・アクシデントの振り返りを行っています。患者さまに安心して療養生活が送れるよう継続して行くよう努めていく所存です。