お知らせ・活動内容

「身体拘束時の留意事項」行動制限最小化委員会 

こんにちは。行動制限最小化委員会です。

行動制限についての留意事項を看護ガイドラインより、今回は身体拘束についてご紹介させていただきます。

身体拘束は、患者本人の生命の保護、重大な身体損傷を防ぐためになされる。対象となるのは、放置すれば患者の生命にまで危険が及ぶおそれがあると思える状態を呈している患者である。身体拘束中は常時の臨床観察を行うのが原則である。そして、医師は頻回に診察を行わなければならないとあります。

身体拘束中の患者様はいちばんに優先されるべき要観察者であり、頻回の巡視、可能な限り開放時間を設けるなど配慮が必要です。早期の解除に向け情報共有を行いながら努力していきたいと思います。