お知らせ・活動内容

「感染症への医療従事者の心構え」 感染対策委員会

こんにちは。感染対策委員会です。

毎年、年末年始に流行が恒例となるインフルエンザなどは、だいたい注意点や予防法、対応なども多くの職員もわかっているのですが、時々流行する、麻疹(はしか)、風疹(ふうしん)、水痘(みずぼうそう)、ムンプス(流行性耳下腺炎:おたふくかぜ)などは、最近多くなっているにも関わらず発見が遅くなることがあります。 症状が出ても、すぐに、どのウィルス性疾患かわからない場合も多く、また、予防接種を過去にやった・・・子供のころに罹ったことがある・・・とおもう・・・ な~んて人も少なくないと思います。そして、疾患が確定してから大慌て! なんてことにならないように、インフルエンザやノロウィルス以外の流行性ウィルス感染症の知識もしっかりと医療従事者は頭に入れておかねばなりませんよね。