お知らせ・活動内容

「非言語的テクニック」 認知症コミュニケーション

こんにちは。今回はバリデーションの非言語的テクニックをご紹介します。

 

ミラーリング

認知症の方の真正面に向き合い、動作や感情を鏡のように映し出す方法です。表情・姿勢・呼吸を合わせます。子供のために編み物を昔よくやっていた方が、ものを編む仕草をしながらお話しされている場合には、その動作を映し出してみてください。認知症の初期段階の方に多く使うと、馬鹿にされていると思われるので避けます。

 

タッチング

バリデーションには、目的を持って認知症の方に触れる「アンカードタッチ」という方法があります。スキンシップで相手の感情により沿い、話の内容に応じていくつかのタッチの方法があるようです。

「母のタッチング」…手のひらで頬をなでるのを繰り返す。

「父のタッチング」…頭頂部から後頭部を丁寧になでおろす。

「子のタッチング」…首の後ろを指先でなでる。

「友のタッチング」…肩を包み込むようにし、上腕部へなでおろす。

 

音楽を使う

誰しも、心に響く音楽というものは必ずあります。その方の感情に合った音楽を見つけて一緒にハミングします。

 

低いはっきりとした愛情のこもった声で話す

高齢になると、高い声より、低い声の方が聞こえやすいと言われます。

そして、どんなに忙しくても、ゆっくりはっきりと優しくお話しましょう。