お知らせ・活動内容

認知症コミュニケーション 「基本テクニック」

今回は、認知症高齢者のコミュニケーション法「バリデーション」の

基本テクニックをご紹介させていただきます。

言語的テクニック 非言語的テクニック
キーワードを繰り返す 目線を合わせる
ひらかれた質問をする はっきりとした低く温かい声で話す
むかし話をする 相手の動作に合わせる
最高、最悪なことを質問する 曖昧な表現を使う
反対のことを質問する 音楽を使う
  触れる
   

これらのテクニックを使って認知症の高齢者の方と接する前に、

・心の準備をする・雑念を取り払う・自分の感情をしばらく置いて相手の感情に集中する。これらが大切です。その方だけのための時間をつくりゆっくりと感情を引き出してあげましょう。テクニックの具体的な方法は次回よりご紹介いたします。