お知らせ・活動内容

感染対策委員会 「針刺し事故」

こんにちは。感染対策委員会です。

針刺し事故。医療事故としては決して多い物ではありません(多かったら大変ですけど)。多い事故ではないので、いざ起こってしまった時に慌ててしまうものです。いつ起こっても対応できるように私たちは勉強会をやっています。誤針してしまったら、感染症の有無をもちろん確かめなければなりません。その際にはHIVの簡易検査も行うのですが、なんせ稀にしか起こらない事故なので、そのキットのやり方すらわからない者が多いのです。ですので、そのキットの実施方法の勉強会などもやりました。なんでもそうですが、マニュアルや説明書はあっても、実際に1回でもシミュレーションをするのと、しないとでは、いざという時の行動に大きな差が生じますよね。しかし、そのような事故は起こらぬよう、医療安全対策委員会とともに頑張っております。