お知らせ・活動内容

病院勉強会 拘束帯の正しい使用方法

こんにちは。今月のアフター5の報告をさせていただきます。

今回は、医療安全委員会の川島師長より拘束帯の正しい使用方法について

勉強会を開催いたしました。各部署より多数の職員に参加していただきました。

勉強会の中で医療事故の事例を使用し、拘束帯を正しく使用しないと医療事故につながってしまうことが再確認できました。

病状により、やむをえず拘束が必要となることがあるため、職員1人1人が正しく拘束帯を使用できる良い学びの場となりました。