お知らせ・活動内容

バリデーション 「認知症高齢者とのコミュニケーション」

今回は「バリデーション」の御紹介をさせて頂きます。

「バリデーション」とは、認知症高齢者の方とのコミュニケーションの方法です。

アルツハイマー型認知症と類似の認知症高齢者の方とのコミュニケーションの方法の一つであり、1963年アメリカのナオミ・ファイル氏により提案されました。

認知症によって認知レベルは失われていきますが、症状が進行しても「感情」は最後まで残ると言われており、このバリデーションという方法は「認知症高齢者とのコミュニケーションを通して感情レベルに訴える方法論」です。