お知らせ・活動内容

日々のペプロウ看護 ~⑥~

2階病棟 入職2年目女性看護師

当院ではペプロウの看護理論を看護過程の展開に取り入れています。問題志向型の看護過程に慣れると問題点ばかりに焦点をあてがちですが、ペプロウは問題を抱える患者さまの事象にも視点を置くことが大切だと述べているように私は考えます。精神を病む方々の豊かな感性故の苦しみに看護者が共感する姿勢を持つ事が、患者様の苦しみや不安の軽減につながると考え、ペプロウの理論を臨床に活かしています。