お知らせ・活動内容

ペプロウ看護論② ~不安~

②ペプロウ看護論 ~不安~

ペプロウ看護論の第2弾は、『不安』についてです

ペプロウは不安の定義として

「ストレスに反応して生み出されるもの」と定義しています。

特徴は・・・①一種のエネルギー

②直接観察することはできないが感じ取ることができる

③対人関係の中で伝達されやすい

患者様は、日々の行動から不安を多く抱き、症状や言動として表れます。

考え方としては・・・

不安を抱く→ 不安がエネルギーとなる→ 多弁/多動/イライラ/暴言/自傷行為となります

また不安は伝達します

不安そうな看護師に採血されたら、患者様はさらに不安を感じますよね?

看護師と患者。患者と患者。不安は伝達するため日々の関わりで患者様を注意深く

観察し、早期に発見し、対処することが大切になります。