お知らせ・活動内容

精神科グループホームから

こんにちは、グループホームです。今回は情報について記載します。

恐らくどの職業でも情報というものは大切ですが、私たちグループホーム職員にとっても非常に重要なものと捉えています。情報とは十分に活用していければ非常に有益なものとなり得ますが、そうでなければ混乱さえも招きます。

私たちは複数の職員で業務を行っているため、誰かを頼らなければなりませんし、その誰かと情報を発信、受信していくことが欠かせません。その場面において、基本となる情報交換の有り無し、解釈の違い、伝えるタイミングなどで正しい情報に大きなズレが生じます。そして、自部署でも上手く伝達がいかないことさえあるため、これが他部署や他機関となれば尚更顕著に現れます。

どうにか正しい伝達をと考え、グループホームではメモ書きの雛形を作り活用していくことを検討しています。雛形完成には試行錯誤があるでしょうが、正しい情報の共有が図れるよう努めていきます。