お知らせ・活動内容

褥瘡委員会  ~褥瘡と栄養 その① 水分~

こんにちは。褥瘡委員です。

褥瘡予防・治療に不可欠な事として栄養管理が大きな柱の一つとなります。栄養を十分に摂取することで、組織の耐久性を高め創傷治癒が促進されます。したがって日々の食事摂取状況を観察し、いち早く栄養面での危険因子を発見し、より良好な状態にしていく事は褥瘡予防に重要となります。

水分の不足は他の栄養素に比べ全身状態の悪化をきたすスピードが速く注意が必要です。しかし、水分の過剰摂取は浮腫をきたし皮膚の耐久性を低下させるため、適量をはかる必要があります。
おおよその目安として
25歳から55歳・・・体重×35ml(日)
55歳から65歳・・・体重×30ml(日)
65歳以上・・・・・・体重×25ml(日)
と言われています。

今の水分量は適量でしょうか。まずは水分から見直しましょう。