お知らせ・活動内容

バリデーション委員会から

こんにちは、バリデーション担当です。

バリデーションとは認知症高齢者とのコミュニケーション法です。「感情・焦点をあてることに」に大きな意味があります。1つは認知症の症状が進行し仮に植物状態になったとしてもその人には感情は残るといわれています。バリデーションは、失っていくもの(認知レベル)に焦点をあてるのではなく最後まで失われないもの「感情レベル」にアプローチすることでどのような段階の認知症高齢者の方ともコミュにケーションを行うことを可能にします。2つめはこれまでの認知症の人に対応する多くのアプローチ方法は認知症高齢者の感情には触れないで出来るだけ静かに過ごしていただくことが最も良い事であるととらえていました。しかし認知症を抱えて生きる事は山ほどのマイナスの感情を呈して生きざるを得ません。そのマイナスの感情吐き出すことを許されず、(悲しみ、怒り、怖れ不安など)私たちが共感していくことをめざすことです。さらにバリデーションとは真の共感を目指す事をとおして認知症高齢者の「人生の未解決課題」の解決への奮闘を支援することです。
基本テクニックであるセンタリング(精神を集中する技法)は、相手の「感情レベル」にアプローチする側の私たちの心にあるイライラ感や怒りをなくして先入観を排除するところから、始めてみましょう