お知らせ・活動内容

いい医療の日 にちいくん

こんにちは、事務課です。

皆さんは、「いい医療の日」というのをご存知ですか? 今回はこのお話です。

日本医師会では、より良い医療のあり方について、国民と医師が共に考えながら、更なる国民医療の向上に寄与していくことを目的に、設立記念日である11月1日を語呂合わせにより「いい(11)医(1)療の日」として、2017年に制定しました。

皆さんに、この日をきっかけとして、ご自身のみならず、ご家族の健康について考えてもらいたいとの思いが込められています。「いい医療の日」をきっかけとして、

①予防接種を受けましょう
②健診・検診を受けましょう
③医療機関を受診してみましょう
④生活のスタイルを見直してみましょう
⑤故郷のご両親と連絡を取りましょう
⑥認知症について考えてみましょう
⑦最期について考える機会を持ちましょう
といったことを推奨しています。

今年2019年には、「いい医療の日」をより多くの方に知ってもらうため、公募によリロゴマークを決定しました。このロゴマークには、穏やかな表情の人(国民)と、それに寄り添う人(医師)を表現し、寄り添う人はハートを模しており、「医療」「安心」「温かさ」といった意味が込められています。皆さんも、健康について今一度見直してみませんか?